働く人の生活と権利の為、労働組合が存在します。

ホリデイ・トレッキング・クラブ

憲法28条で労働組合の権利が守られています。

団結権、団体交渉権、団体行動権で、労働条件を向上させよう!

労働基準法は労働者であれば誰にでも適応される法律です。
労働組合法は労働組合に加入している労働者にしか使えません。
労働組合に加入して権利を行使しましょう!


 
憲法28条「勤労者の権利」
「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する」

労働基準法 第2条
「労働条件の決定」
「労働条件は、労働者と使用者が対等の立場において決定すべきものである」
労働基準法に定める「人たるに値する生活を営むための必要を満たす」「最低のもの(労働基準法)」以上の労働条件は、「労使対等の交渉で決定」するようにと、労働基準法は定めています。この労使対等の交渉のために、労働組合で団結し、交渉し、団体行動をする権利(憲法28条)が不可分なのです。

 

労働組合は、労働者の生活を守る長い歴史を持っています。

過去の労働組合の闘いが、現在の労働条件の基礎にあります

8時間労働制も、100年以上前の労働者の闘いによって勝ち取ったものです。労働者が集まって、労働条件についての不満を、要求に変え、雇用主と交渉を始めたことから、労働組合の権利が始まりました。


 
 

全国一般三多摩労働組合

東京だけど、ちょっと違う

三多摩の地で活動を始めてから約30年、三多摩労働組合との名称になってから5年が経ちます。
運輸、学校、福祉、など、生活に密接した産業が多い地域で、国立に事務所を構えて活動をしています。


 
働く場所、生活する場所にとっても近い労働組合です。
子供を育てながら、介護をしながら、病気になった時、そんな時にこそ労働組合の力が必要です。
私たちの労働組合には、バリバリ働ける人たちもいますが、生活を支えながら子連れで会議にやって来る人もいます。それぞれの生活の中で、それぞれが出来ることをして、支え合える労働組合です。
みんな違って、みんないい。労働組合にホッとしに来ませんか?

 

クラブについて

労働組合は、働くあなたの味方です。

 
安いお金でこき使われて、ボロ雑巾のように捨てられないために労働組合は必要です。

組合員がお金と力を出し合って、労働組合は出来ています。

雇用主から独立した、労働者による、労働者のための組織。
   
それが労働組合です。

一緒に労働組合活動をしましょう!