ダブルワークで働く時の権利は?
電話労働相談はAM10時〜PM20時受付 

 私たちは東京都下、三多摩地域(立川市、八王子市、武蔵野市、府中市、三鷹市、青梅市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、瑞穂町)周辺で活動している労働組合です。
 一人から加入できます。お気軽に相談にいたして下さい。

ホリデイ・トレッキング・クラブ

労働相談 

電話受付時間 AM10:00-PM8:00

042-571-1953
メンバー紹介

 

ダブル、トリプルワーク。出来たら避けたほうがいいけど・・・

労働基準法38条 労働時間は、事業場を異にする場合においても、労働時間に関する規定の適用については通算する。

しっかりと要求しよう

第一歩:勤務先労働時間を合算して1日8時間、週40時間を超えたら割増賃金の支払いを求めることができます。


 
最初に雇用契約を締結した会社の次に契約した会社に請求できると考えられています。
生活のために、ダブルワークをするのですから、きちんと割増賃金をもらいましょう。
 

第2歩:2箇所で社会保険加入資格がある場合には合算されます


 
週30時間、または従業員501人以上の会社で週20時間以上働くと、社会保険に加入できます。
加入資格がある場合、2箇所で加入しておくと、病気になった時、2箇所の標準報酬月額から傷病手当の受給を受けることができ、少し安心です。
 
 
 

第3歩:最初の就業先から次の就業先への移動途中の災害は通勤災害補償の対象となります。合算した長時間労働による過労性疾患の労災申請も可能です。

 
移動先の平均賃金を持って労災補償給付が行われます。
移動先が「副業」と言えるような収入の時は、保証金額水準は「副業」水準になってしまいます。
 
労働災害の場合は、被災した事業所の平均賃金です。
 


 
  ダブルワークをしているとこんな問題が発生します。
 1箇所の事業所の賃金で生活ができるように、組合で交渉しましょう。
 
  1、事業所間の移動時間、費用が負担に。生活時間、睡眠時間が削られます。
  2、厚生年金に片方しかは入れないともらえる年金が少なく。
  3、長時間労働による過労性疾患の発生の危険性
  4、失業給付の算定基礎は、片方の賃金だけ。労災保証も片方のみ。
  5、社会保険に片方しか入れないと傷病手当金給付額も少ない。
  6、(兼業禁止)就業規則のある場合の懲戒の危険性
 

 

住所:国立市中1-18-30 国立スカイビル302号室

電話:042-571-1953

LinkIcon