仕事が原因で病気になった時
そんな時は、すぐに相談!

長時間労働、過密労働、監視労働、ハラスメントがあったら、仕事が原因の可能性大です。

電話労働相談はAM10時〜PM20時受付 

 私たちは東京都下、三多摩地域(立川市、八王子市、武蔵野市、府中市、三鷹市、青梅市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、瑞穂町)周辺で活動している労働組合です。
 一人から加入できます。お気軽に相談にいたして下さい。

ホリデイ・トレッキング・クラブ

労働相談 

電話受付時間 AM10:00-PM8:00

042-571-1953
メンバー紹介

 

仕事が原因の怪我、病気。労働災害が起きたら。

労働基準法第8章 災害補償
第75条 療養補償 労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかった場合においては、使用者は、その費用で必要な療養を行い、又は必要な療養の費用を負担しなければならない。

仕事で怪我、病気になったら、治療費は会社持ちです。

第76条 休業補償 療養のため、労働することができないために賃金を受けない場合においては、使用者は、労働者の療養中平均賃金の100分の60の休業補償を行わなければならない。
第77条 障害補償 労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり、治った場合において、その身体に障害が存するときは、使用者はその程度に応じて、平均賃金に別表2に定める日数を乗じた障害補償を行わなければならない。

会社は、会社に「損害」をかけたからといって、勝手に給料から控除してはいけません。

第79条 遺族補償 労働者が業務上死亡した場合においては、使用者は遺族に対して、平均賃金の1000日分の遺族補償を行わなければならない。
第80条 葬祭料 使用者は葬祭を行うものに対して平均賃金の60日分の葬祭料を支払わなければならない。
第84条 労災保険法に基づく給付が行われるべきものである場合においては、使用者は補償の責をを免れる。

一人でも労働者を雇用したら、労災保険に加入しないといけません。

第一歩:過労性疾患について知ろう


 

 

第2歩:心の病も労働災害になることがあります


 
 
 

第3歩:パソコン業務、腕、肩を酷使する業務、背面管理などから発生する職業病もあります。


 
  労働組合は相談を受け、ご本人と相談しながら次のような要求を考えます。

  1. 労働災害認定申請
  2. 労災上積み補償請求
  3. 労働時間、職場環境の改善 
  4. 通院、軽減勤務などの確保

  

 

三多摩労組 相談受付 
AM10:00-PM8:00

042-571-1953

住所:国立市中1-18-30 国立スカイビル302号室

電話:042-571-1953

LinkIcon